2012年08月21日

ブジュンブラ 【Cup of Excellence Burundi 2012】

おはようございます。こちらは現地21日明け方5時です。

bur1.gif

昨日はCOE大会初日、恒例のカリブレーション本番前の評価を擦り合わせを行いました。
水溶液による酸や甘さ、口に含んだ質感についての検証や、実際のコーヒーサンプルを
カッピングセッションして評価についてのディスカッション、修正をしていきます。

buru3.gif
buru2.gif

ブルンディのコーヒーはお隣ルワンダと比べるとマウスフィール(口に含んだ質感)が
しっかりした印象です。また東アフリカの西側でよく発生するPoteto Flavor(ポテトの
様な青味がかった風味)がやっかいです。これは空気中のバクテリアが果実に入り込んで
しまう事で起こるもので、コーヒーの風味を阻害してしまう要素となっています。一粒でも
入っていても大きな影響を及ぼします。ブルンディやルワンダの素晴らしいコーヒーと出会う
上で仕方のないリスクです。見た目では判別できないので、ロースター泣かせですね。

カリブレーション終了後、ランチを済ましてから夕方のウェルカムパーティまで時間があった
のでブジュンブラの町まで歩いてみようということになりました。往復2時間、楽しかったです。

buru4.gif

首都ブジュンブラはブルンディの西側、コンゴとの国境に沿った大きな湖タンガニーカ近くに
あります。路上では生魚(ティラピア)や干し魚が並べて売っています。経済は上向きなのか
新しい道路も作っています。車は圧倒的に日本車、中には高級車も走ってます。軍や官僚の
お偉いさんでしょう。また軍人も結構いてマシンガンを積んだトラックも走っています。
ちょっと怖い感じもありますが、町は平和ですね。

buru5.gif

これからラウンド1が始まります。30サンプルを3セッションかな?
しっかりカップしてきます。

buru6.gif
夕日がきれいだ♪

Roast-Master Kohtsu
===================
湘南辻堂 スペシャルティコーヒー
自家焙煎かさい珈琲
http://www.kasaicoffee.com/
posted by 気まぐれマスター at 14:03| 神奈川 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。